お風呂でメイク落としができるクレンジング料も多く販売されつつあり、忙しい現代人でお風呂でメイク落としをしている人も多いです。しかし、バスルームでメイク落としをする時にもN.G.行動がありました。

お風呂で”ゆっくり”メイク落としはダメだった?

お風呂でメイク落としをする時、まずバスタブでゆったり身体を温めてから行っている人もいるはずです。身体を温めると同時に、毛穴もしっかり開くので、メイク落としも毛穴の奥から汚れを落とすことができて効率的な気がします。しかし、これがN.G.行為でした。

バスタイムでのメイク落としをするなら、入ってすぐか最初にクレンジングを手早く行った方がいいです。

しばらく浴槽につかってしっかり身体を温めてからメイク落としを行うと、バスルームの蒸気で部屋全体の湿度が高くなって、クレンジングの洗浄力が低くなってしまうからよくありません。また、メイク落としによっては、バスルームでも使えると書いてあっても「手は濡れていない状態で」と書いてあるメイク落としもあります。タオルなどを用意して手の水分を拭かなくてはいけないので、お風呂に入る前にメイク落としをつけて入った方がいい場合もあります。

特に、濃いアイメイクをしている時は湿度が高くなっていると、メイクの洗浄力が悪くなり、結果、しっかりと汚れを落としきれないことがあります。オイルクレンジングも乳化が早まってしまうこともあり、注意しなくてはいけません。

シャワーを顔に当てるのもN.G.?お湯の温度は?

メイク落としをする時に、お風呂でやりたくなる行為、シャワーの水圧を顔に浴びてもダメです。海外のスパでは、身体全体にシャワーの水圧をあてて刺激を与える施術方法もありますが、自己流で顔にシャワーの水圧を当てるのもN.G.です。

肌への刺激は、シワだけでなくシミなどの原因になってしまいます。

また、シャワーの温度も気をつけるべきで、ぬるま湯は33~35度が適当。シャワーの水を使う時は、いったん手のひらですくい、ぬるま湯を使いましょう。髪の毛のはえ際は洗い残しが多い部分なので、丁寧に洗い流すようにします。

水よりもぬるま湯の方が汚れは落ちやすいですが、乾燥肌の人はあまり高い温度だと、肌が乾燥してしまってかゆみの原因になることがあります。

洗い残しがあると、毛穴の黒ずみの原因にもなります。小鼻の横に黒い点が出る状態を「いちご鼻」といいますが、この原因もメイクの油分が直接の理由だという見解もあります。クレンジングを上手に行うことで、メイクの油分を落としきることができ、美肌になれます。